コンタクト(年中無休)

お見積もりについての3つの約束

●お伝えした見積もり金額以降に追加料金は一切発生しません。
●こちらから営業電話は一切しません。
●商品・工事共に10年間の保証が付いています。

9:00〜20:00【年中無休】

24時間受付中

写真送信でスピード見積り

【最大20,000円】下取りキャンペーン中 7月末まで

東京都世田谷区 R様邸 深型レンジフード取替工事 不明→ZRS75NBC20FKZ-E

家の中で毎日使うキッチン。料理をする際には欠かせないのが換気扇ですよね。特に都市部では、キッチンの換気扇は快適な生活空間を保つためにも重要な役割を果たしています。今回は、東京都世田谷区にお住まいのR様邸で行われた深型レンジフードの取替工事についてご紹介します。交換前の型番が不明であったにも関わらず、写真での確認が可能であり、見積もり訪問なしでスムーズに作業が進んだ事例です。それでは、R様がどのような経緯で新しい換気扇を選び、取替工事がどのように行われたのか、詳しく見ていきましょう。

換気扇の設置場所は?キッチン

R様邸で取り替えが行われたのは、キッチンに設置されている換気扇です。キッチンは家庭内で油煙やにおいが発生しやすい場所。効率的な換気が求められるため、換気扇の性能は非常に重要です。R様も、毎日の料理に欠かせないこの換気扇の故障には、早急な対応が必要だったのです。

交換前の換気扇の型番は?不明

今回の取替工事では、交換前の換気扇の型番が不明でした。しかし、R様がインターネットを通じて送ってくださった換気扇の写真から、専門家が型番を特定することができました。これにより、適切な後継機種の選定が可能となり、スムーズな工事へとつながったのです。

見積もり訪問は?なし 写真で確認ができた

通常、換気扇の取替工事には事前の見積もり訪問が必要ですが、R様の場合は写真での確認が可能でした。これにより、訪問にかかる時間やコストを削減し、R様にとっても大変便利な流れとなりました。写真での確認ができるケースは多くありますが、このようなサービスが提供できるのも、インターネットの普及によるものですね。

お客様からの依頼手段は?インターネットからの検索

R様はインターネットを通じて、換気扇取替工事の専門業者を検索し、依頼を行いました。インターネットの検索は、時間や場所を選ばずに情報を得ることができるため、多忙な方にとっては非常に便利な手段です。R様も、忙しい日常の中で手軽に専門業者を見つけることができたのです。

交換の理由は?動かなくなった

R様が換気扇の交換を決意された理由は、単純明快です。それは、換気扇が動かなくなったから。キッチンでの料理は毎日のこと。換気扇が停止してしまうと、油煙やにおいが室内にこもり、快適な生活に支障をきたします。そのため、早急な交換が必要となったのです。

取り付ける換気扇は?FY-6HZC5-S

R様邸に取り付けられた新しい換気扇は、FY-6HZC5-Sです。このモデルは、高い換気能力と省エネ性能を兼ね備えており、多くの家庭で支持されている人気の製品です。キッチンの環境を快適に保つためには、このような信頼性の高い換気扇が求められます。

今回設置する換気扇を選択した理由は?お勧めする換気扇

専門業者として、今回R様にFY-6HZC5-Sをお勧めした理由は、その信頼性と実績にあります。このモデルは、多くの家庭での使用実績があり、耐久性やメンテナンスのしやすさも評価されています。また、デザインがシンプルでどんなキッチンにも馴染むため、インテリアを損なうことなく設置できる点も魅力の一つです。

交換にあたっての問題点は?なし

ありがたいことに、R様邸での取替工事においては、特に問題は発生しませんでした。事前の写真確認や、適切な機種の選定がスムーズに行われたため、工事は計画通りに進みました。これも一つ、インターネットを活用したコミュニケーションの成果と言えるでしょう。

交換後のお客様の反応は?満足

工事完了後、R様からは「新しい換気扇は静かでパワフル。キッチンが快適になった」と大変満足の声をいただきました。換気扇は見た目には目立たないかもしれませんが、その効果は日々の生活の質に大きく影響します。R様に喜んでいただけたことは、私たちにとっても大きな喜びです。

まとめ

今回のR様邸での深型レンジフード取替工事は、インターネットを活用し、写真での確認からスムーズに進められた事例でした。交換前の型番が不明であっても、専門業者の知識と経験があれば問題なく対応可能です。そして、選ばれた換気扇FY-6HZC5-SがR様のキッチンを再び快適な空間に戻し、満足いただけたことは何よりの成果です。これからも、お客様の快適なキッチンライフをサポートしていくために、私たちは日々努力を続けてまいります。

目次